国民年金保険料

国民年金の基礎知識

国民年金保険料は年ごとに決まります


国民年金の保険料は、
平成28年4月~平成29年3月までは、16,260円/月。


なお、保険料は平成29年度まで段階的に上がることが決定しています。


国民年金保険料の月額
平成22年4月~ 14,980円 × 1.008(改定率) = 15,100円
平成23年4月~ 15,260円 × 0.984(改定率) = 15,020円
平成24年4月~ 15,540円 × 0.964(改定率) = 14,980円
平成25年4月~ 15,820円 × 0.950(改定率) = 15,040円
平成26年4月~ 16,100円 × 0.947(改定率) = 15,250円
平成27年4月~ 16,380円 × 0.952(改定率) = 15,590円
平成28年4月~ 16,660円 × 0.976(改定率) = 16,260円
平成29年4月~ 16,900円 × 改定率


改定率は、その年の労働人口や平均寿命の伸び率などを判断し、その都度年金保険料に反映させるものです。


また、会社で厚生年金に加入している方の保険料については、加入者の月々の総支給額(標準報酬月額)によって決定されます。


勤務先の会社が年に1回(給与額に大幅な変更があった場合はその都度)、加入者の標準報酬月額を決定し年金事務所に届け出ているのです。
厚生年金(協会けんぽ)の保険料額表はこちら